ゲスで怠惰なブログ

性根が腐ったゲスな私が日々考えたことを書いてみます

はあちゅう先生の妊活詐欺は誹謗中傷にあたるのか?

はあちゅう先生が「妊活詐欺」は誹謗中傷だとわめきはじめましたね。実際に「妊活詐欺」に関する書き込みが違法認定されたと、ご本人は話しています。

弁護士さんに母子手帳等の疎明資料を確認してもらった上、仮処分申立ての裁判内でも妊活詐欺と呼べるような事実関係はなかったことを述べた結果、今回は『妊活詐欺』やそれに等しい言葉を含む書き込みが全て違法認定されました」とした。

引用元:日刊スポーツ

www.nikkansports.com

はたして「妊活詐欺」は本当に違法認定として妥当なのか、考察してみます。

ちなみに、自分は法曹関係者ではないため、自分の判断が法的に正しいわけではありません。

はあちゅう先生は妊活に関して嘘をついていたのか?

まずは、はあちゅう先生がついたとされる嘘について検証してみます。

このへんはすでに他の方も行っているでしょうが、スクショだけではなく現時点で彼女が残している情報をまとめます。悪意のある切り取りはせず、彼女の発信内容だけに焦点を当ててみました。

妊活のはじまり

はあちゅう先生の妊活日記のはじまりはここからです。

ameblo.jp

日付は2019年1月10日となっています。

(※年号間違えがあったので訂正しました。)

このブログに書かれた内容は

  • この時点で妊娠はしていない
  • これからリアルタイムで発信していく
f:id:gesugesumi:20200819231010p:plain
f:id:gesugesumi:20200819230957p:plain

引用元:Instagram mofu_everyday

リアルタイム(?)の妊活日記がはじまる

そこから妊活日記が始まります。

リアルタイムといいつつも、情報は以前のものも発信しているもようです。

1月10日から3月20日の妊活ブログからは以下のような情報が読み取れました。

  • 妊活を始めたのは2018年8月からであること(2019年1月23日投稿)
  • 8月から3か月後灰になって子供ができないのではと不安になった(2019年2月6日投稿)
  • 排卵誘発剤を打った(いつのことか記述なし、2019年3月20日投稿)

(※年号間違えがあったので訂正しました。)

追記

子供を欲しくなったのが2017年8月

子供を作ること前提での復縁が2018年3月

本格的に妊活を始めたのは2018年8月

妊活日記を始めたのは2019年1月

です。

年号にズレやミスがあったことを深くお詫びいたします。

ameblo.jp

ameblo.jp

f:id:gesugesumi:20200819234153p:plain
f:id:gesugesumi:20200819234159p:plain
f:id:gesugesumi:20200819234204p:plain

引用元:Instagram mofu_everyday

 

ほかにもいろいろと書いてあります。

基本的には、病院などに通い妊活をしていたこと、大変さ、フライング妊娠検査薬、絶対妊娠しているとの強い思い込みなど、妊活あるあるを詰め込んだ内容となっています。

そこには、「過去についての記述です」等の記述はないものも多く、今困っているんだなと思わせる文章ばかりです。

コメント欄にも体を温めたほうが、とか血流が、とか的外れなアドバイスや、同じく不妊治療中で共感しねぎらう言葉もあります。

突如として妊活編は最終回を迎える

1月10日から約2か月間続いた妊活日記は3月28日に突如最終回というタイトルで終止符を打ちます。

最終回はとても感動的な回でした。

どうせまた陰性でしょ?と検査したところなんと陽性!

はあちゅう先生はつらい妊活を乗り越え、見事妊娠なさったようです。

ただ、気になるところは1週間まえである3月20日排卵誘発剤を打っています。

排卵誘発剤は打った40時間後、約2日後あたりに排卵が起こります。

そして排卵あたりに性行為があった場合、だいたいその2週間後に妊娠しているのかどうかが分かる時期に入っていきます。

つまり、リアルタイムにブログを追っている妊活に詳しい人は、え?排卵誘発剤打ったばかりで妊娠発覚するかな?と疑問に思った方もいるのではないかと思います。

的外れな告白をするはあちゅう先生

これだけでは、リアルタイムといいつつも排卵誘発剤については1週間前のことを書いたのかな?と好意的な見方をすることもできます。

予定日も秋ごろということで、9月から11月ごろまでにごせます。

しかし、先生は謎の懺悔を始めます。

ameblo.jp

ここでは

  • 1月17日活日記を始めた1週間後)には妊娠が判明した
  • アドバイスをくれる人たちには心苦しく思っていた
  • だますつもりはなかった

といった内容があります。

 

 

f:id:gesugesumi:20200824002123p:plain
f:id:gesugesumi:20200824002119p:plain

 

引用元:漫画では描き切れていないこと

嘘、ついてますよね????

本人がごちゃごちゃ言っておりますが、「リアルタイムで発信すると宣言したにも関わらず、妊娠を発覚したあともしてない体で妊活日記を発信し続けたことは事実」ということです。

しかも1月17日(本人談、この1週間前には気づいてたんじゃないの?説もありますね。)から3月28日までの2か月間も。その間23回も妊活についての記事を書いています。

心苦しく思いながらもせっせと23回もよー書きますなぁ。という私の感想もイジワルすぎるものではないんじゃないかと思うのですが…

まあ、このような個人的感想はひとまず置いておいて、これが詐欺にあたるのかどうかを考えてみます。

はあちゅう妊活「詐欺」は妥当か?

はあちゅう先生の一連のデリカシーが無い行為を詐欺と呼ぶのは、はたして妥当なのでしょうか?

妊活の嘘は詐欺ではない

詐欺とは「人を欺いて財物を交付させた」「財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者」などが該当します。

そうなると、「妊娠できないかわいそうな私のために本を買って…」などを言ったようなことがなければ詐欺という言葉は不適切かもしれません。

はあちゅう先生は、ひどく無神経で思いやりの欠けた行為をしましたが、詐欺罪に当たることはしていません。よって、妊活嘘日記詐欺罪にあたる行為として詐欺だということは間違っています。

詐欺は詐欺罪にあたるときだけに使うのか?

しかし、詐欺という言葉は法的に詐欺罪として認められるときばかりに使われるものではありません。

がっつり盛ってすっぴんと違う顔になれるメイクを詐欺メイクと呼ぶこともありますし、写真ばっかりおいしそうで実物そうでもないものに当たってしまったときも「詐欺された!」と使う人もいるでしょう。

詐欺という言葉を「だまされた」「これ違うだろ!」という意味合いで使うことも多々あるのです。

嘘をついた人を詐欺と呼ぶのは名誉棄損?

こういった詐欺罪だと断定していない詐欺の使い方の場合、名誉棄損とすることは難しいようです。

 

以下引用

「法律上の詐欺行為が行われた」というような意味内容を読み取れない場合、単に「納得できない」というような意味内容で「詐欺」「騙された」などと書かれている場合、それは個人の「感想」、例えば「あの店のラーメンは不味い」といったものに近く、なかなか名誉毀損を主張することは難しいでしょう。 

 引用元:詐欺・騙されたと書かれたら名誉毀損で削除できるか | モノリス法律事務所

 

はあちゅう先生の妊活騒動のときに、「はあちゅうは妊活詐欺を犯したから逮捕されるべきだ」みたいな意見はありましたでしょうか?ざっと調べてみても見当たりません。

前後の流れを見てみると、だいたいは「納得できない」といった意味合いで「妊活詐欺」を使われていますよね。

私としては、これが名誉棄損にあたるとは到底思えません。

ご本人が妊娠していながら、心苦しく思いながらも、妊活日記を書き続けたと証言している以上、それに対して「それはおかしいだろ」という思いを抱くことは当然ではないでしょうか。

 

ご本人は、

 

弁護士さんに母子手帳等の疎明資料を確認してもらった上、仮処分申立ての裁判内でも妊活詐欺と呼べるような事実関係はなかったことを述べた結果、今回は『妊活詐欺』やそれに等しい言葉を含む書き込みが全て違法認定されました」とした。

引用元:日刊スポーツ

http://nikkansports.com/entertainment/news/202008040000588.html

 

このように言っていますが、母子手帳で分かるのはいつ妊娠したのか、母子の健診をいつうけたのか、こどもの発育状態くらいのもので、いつごろ妊活を始めたのかなどは分かりません。

そこから、はあちゅう先生の妊活日記に対して「妊活詐欺」という感想を持つことが妥当かどうかなどは判断できるものではないでしょう。

感想としての妊活詐欺は誹謗中傷にあたらない

今の法律では、「嘘をつかれて深いな思いをした」ことを表明するときに「詐欺」という言葉を使っても誹謗中傷にはあたらないと思います。まぁ、ついていない嘘に対して「嘘ついた!詐欺」はだめですけどね。

そして、今後もこれを誹謗中傷とするようなことはあってはならないと思います。

だって、わざと嘘ついて「詐欺だ!」と言わせて誹謗中傷で金とってやる、みたいなやつが出てきたら安心して生活できないでしょう。そんなのおかしい。

はあちゅう先生が今行っていることは、これに近いと思います。

妊活詐欺と言っただけなら堂々としていよう

妊活詐欺したから〇ね、などあからさまな誹謗中傷をしておらず、「はあちゅうは妊活詐欺をした」「あれは明らかに妊活詐欺」くらいの発信で、高額な賠償金を払われされることはないと思われます。

一部示談も成立したなどの発言もありましたが、言われた通りにお金を払わなくてもいいかもしれません。

お互い、何かあっても落ち着いて行動して対処していきましょうね。

 

おわり